更新履歴

第100回懇話会のお知らせ(中止になりました)

2020年4月29日(水、休日)Fプレイス:藤沢市労働会館 14:00~18:00
明治維新と現代
講師:松延 康隆さん(歴史研究者)

講演概要

 満州事変の主導者であり、卓抜な戦争史観で知られる石原莞爾は敗戦後、極東国際軍事裁判に対して、ペリーの来航にさかのぼって戦争責任を問うべきだと批判している。明治維新以後の日本の対外関係をとらえ返すとき、石原の言はある意味で正鵠を射ていると私には思える。今回、ペリーの来航と明治維新を問うことによって現在にまでつながる日本の対外政策の"歪"を明かにしたい。

講師プロフィール

松延 康隆(まつのぶ やすたか)
 1949年東京生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了(日本中世史)。駿台予備学校講師、衆議院議員政策秘書を経て、現在は歴史研究者。1982年、藤沢・網野さんを囲む会を立ち上げ、以後藤沢で96年まで、「網野善彦講演会」を主宰。その成果は『列島の歴史を語る』(ちくま学芸文庫)参照。2010年より、毎月1回「松延康隆の歴史講座」を藤沢で開催。現在、季刊誌「現代の理論」に"歴史遊学"を掲載中。

日時/会場

日時:2020年4月29日(水、休日)14:00~18:00
会場Fプレイス(藤沢労働会館)(藤沢市本町1丁目12番17号、JR/小田急江の線「藤沢駅」徒歩15分、小田急江の島線「藤沢本町」駅徒歩7分。電話0466-26-7811)
参加費:1,000円
連絡先:猪野修治(湘南科学史懇話会代表)
〒242-0023 大和市渋谷3-4-1 TEL/FAX: 046-269-8210 email: shujiino@js6.so-net.ne.jp
湘南科学史懇話会 http://shonan-kk.net/