更新履歴

第91回懇話会のお知らせ

2018年9月23日(日)茅ヶ崎市勤労市民会館 14:00~18:00
伝統医学国際標準化の最前線―漢方、鍼灸の標準化は誰のためのものか?
講師:東郷俊宏さん(医学史・未来工学研究所 特別研究員)

講演概要

 日本で私達が「漢方」、「鍼灸」と呼んでいる医学は、国際的には東洋医学(Oriental Medicine)ないし、伝統医学(Traditional Medicine)と呼ばれ、東アジアだけではなく、欧米や東南アジアを含めた広い地域で実践されています。特に欧米では1972年のニクソン訪中時に鍼麻酔効果が大きく宣伝されて以降、多くの人が中国で鍼を学び、帰国後鍼灸を広めていきました。

 21世紀に入ると、伝統医学の国際標準化がWHO(世界保健機関)やISO(国際標準化機構)等の国際機関で本格的に議論されるようになります。これは現代医学の不足を補う新しい医学として相補代替医療が見直されており、これまで科学的な根拠に乏しいとされてきた東洋医学についても科学的な議論の基礎を作るために標準化が要請されている、という世界的な状況を背景としていますが、一方でこの標準化の動きは、伝統医学を知的財産も含めた「輸出産業」として捉えた「国際ビジネス戦争」としての側面を持っています。ISOで中国が自国の伝統医学(中医学:Traditional Chinese Medicine)の標準化を目的とした専門委員会(Technical Committee)の設置をISOに申請したのは2009年。これに前後して韓国はUNESCOに『東医宝鑑』を、中国は『黄帝内経』、中医鍼灸(Chinese Acupuncture)を世界の記憶(World Memory)に登録し、世界遺産登録レースともいえる熾烈な争いを演じました。

 日本における漢方も、中国の中医学も韓国の韓医学も、近代に入り、西洋医学が流入すると中絶の危機を迎えます。いちはやく近代化を推進し、西洋医学を主体とした医療体制を確立した日本では、戦後も西洋医学優位の医療制度を取りましたが、中国、韓国は日本とは異なり、国策として伝統医学を保護することとし、伝統医学に従事する医療者(中医師・韓医師)は西洋医学の医師と同列の地位にあります。制度が異なれば、教育システムや業務として行える範囲も異なります。

 このような状況下で、伝統医学の国際標準化とはどのような意味を持つのか。演者は2004年以降、WHO(西太平洋地域事務局を含む)とISOにおける国際標準化の会議に日本の鍼灸領域の代表として出席し、2014年からは3年にわたり、日本の東洋医学関連学会、団体で構成される日本東洋医学サミット会議の事務総長を務めてきました。その経験についてお話ししていきたいと思います。

講師プロフィール

東郷俊宏(とうごう としひろ)
 1966年 神奈川県生。1991年 東京大学文学部 中国語・中国文学卒業。1996年 明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)鍼灸学部卒業、98年同大学院 修士課程修了。1998年より京都大学人文科学研究所科学史研究室 助手。2004年鈴鹿医療科学大学鍼灸学部助教授。2009年 東京有明医療大学保健医療学部 准教授、2016年同教授。2012年 順天堂大学大学院医学研究科博士後期課程修了Ph.D(医学)。2014-2017年 日本東洋医学サミット会議事務総長。
学会:日本科学史学会、日本医史学学会、全日本鍼灸学会、日本東洋医学会

【主要な論文・報告書】
単著:
「李東垣医書における「短気」の意義」(東方学報第72冊)
「お灸の歴史―科学史の立場から―」(全日本鍼灸学会学会誌Vol. 53, No.4)
「Demand for CAM Practice in Hospitals in Japan: A population survey in Mie prefecture」(Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine平成22年5月)

報告書:
「統合医療の科学的評価法および臨床指針作成」(文部科学省委託事業 平成18年度報告書)
『伝統医学テキスト 鍼灸編』(主編 平成22年度厚生労働科学研究費補助金「統合医療を推進するための日本伝統医学の標準化」地域医療基盤開発推進研究事業)
「ISO/TC249における国際規格策定に資する科学的研究と調査および統合医療の一翼としての漢方・鍼灸の基盤研究」(平成25/26/27年度日本医療研究開発機構委託研究)

日時/会場

日時:2018年9月23日(日)14:00~18:00
会場茅ヶ崎市勤労市民会館(253-0044 茅ヶ崎市新栄町13-32)電話:0467-88-1331
参加費:1,000円
連絡先:猪野修治(湘南科学史懇話会代表)
〒242-0023 大和市渋谷3-4-1 TEL/FAX: 046-269-8210 email: shujiino@js6.so-net.ne.jp
湘南科学史懇話会 http://shonan-kk.net/


第92回懇話会のお知らせ

2018年10月20日(土)茅ヶ崎市勤労市民会館 13:00~17:00
江戸時代に西洋科学を志した人々
副題; 「窮理学に蘭学者の人脈あり」

講師:丸山陽彦さん(物理学史、神奈川県立高校非常勤講師)

講演概要

日本で「理科」、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」、「科学」等の言葉が使われるようになったのはいつ頃だろうか。それから、日本科学史に興味が出てきました。日本に自然科学が芽えたのはそんなに古いことではなかった。乱世の最中に鉄砲が伝来して、戦の方式が変わり天下太平が訪れたときに、文化が発展し、それから少しずつ西洋文化が移入してきました。今では西洋科学が日本語で理解できるようになり、世界の先端を走り、ノーベル賞を取るまでになっています。その450年の日本科学史を追ってみました。この大まかな項目は下記です。詳細な各論は講演時にお話をします。

 はじめに
 1 江戸時代前の科学思想
 2 江戸時代前と異文化吸収
 3 江戸時代と鎖国令
 4 オランダ通詞の役割と周辺
 5 科学史に主に出てくる通詞3家
 6 蘭学者の分類
 7 蘭学者の職種
 8 医学と蘭学
 9 天文・暦学と蘭学
 11 窮理学の起こり
 12 電気学と蘭学
 13 物理学書のはじめ
 14 その他の窮理学者
 15 化学と蘭学
 16 本草学と蘭学
 まとめ

講師プロフィール

丸山陽彦(まるやま はるひこ)
 昭和21年12月26日(1946)山形市生まれ
 昭和40年3月山形県立山形東高等学校卒業
 昭和46年3月中央大学理工学部物理学科卒業
 昭和50年3月中央大学理工学部電気工学科卒業
 昭和46年4月東京私立順天高等学校教諭勤務
 昭和48年~平成22年3月神奈川県公立中学校勤務
 現在まで公立高等学校非常勤講師

【主な報告書】
物理学摘要について 『日本計量史学会』(2008年)
江戸東京科学史散歩  『日本計量史学会』(2013年)

日時/会場

日時:2018年10月20日(土)13:00~17:00
会場茅ヶ崎市勤労市民会館(253-0044 茅ヶ崎市新栄町13-32)電話:0467-88-1331
参加費:1,000円
連絡先:猪野修治(湘南科学史懇話会代表)
〒242-0023 大和市渋谷3-4-1 TEL/FAX: 046-269-8210 email: shujiino@js6.so-net.ne.jp
湘南科学史懇話会 http://shonan-kk.net/